ニキビ治療と睡眠の関係

TOP > ニキビ治療と睡眠の関係

ニキビ治療というと皮膚科に行って、患部に塗る薬と飲み薬で対処というケースも多いものです。

医薬品が効果を発揮するのは、症状を抑えるものであって、根本からの改善にはなりません。
一時的にニキビを抑える目的で、治療薬を使用するのはひとつの手段ですが、根本からの改善を目指すときには、生活習慣を見直していく必要があります。

ニキビ治療として意識したいのが、意外かもしれませんが毎日の睡眠です。


睡眠の質や時間を、軽視してはいけません。

睡眠不足というのは、あらゆる肌トラブルを招く要因の一つです。肌のゴールデンタイムというのは、夜の22時から午前2時までのことですが、この時間帯に睡眠をとるのには意味があります。肌に受けたダメージは、このゴールデンタイムに回復されていくためです。

今までになかった銀座のニキビといえばこちらです。

夜ふかしが習慣になっていて、島も睡眠時間は短く、眠りも浅いとなると、肌が修正される時間もキチンととることができなくなります。

22時から2時までが貞節ではありますが、忙しい現代人にとってみれば、この時間帯に完璧に眠れるかといえば、難しいところもあります。ですから可能な限り、その日のうちに眠るようにすることです。



入眠から3時間から4時間が大切で、この時間帯の睡眠を大事にして、良い睡眠にしていくことです。


お肌の修繕が行われることになりますから、ニキビ改善のためには、良質な睡眠を心がけることが必要不可欠になります。



ニキビケアも考えて、シーツや枕カバーは清潔にしましょう。